健美ケアについて

古代中国では「未来永劫、子孫繁栄、不老長寿」を
皇帝が求めてきたことによりできた医術があります。
ありとあらゆる分野の賢人と莫大な費用を使い、
日々研究と実験が繰り返されていました。

妃たちも皇帝のちょう愛を求めて、健康と美しさを追求しました。
長い年月を経て、賢人たちの命がけで絞られた知恵と研究は
宮中秘伝の人間学問となり受け継がれてきました。

かっさやカッピングもそのひとつで、
これらは中国では‘針を使わない鍼灸’と言われています。

かっさは、美を競い合っていた古代宮廷の楊貴妃などの
女性たちからも愛用されていた美容法でもあります。

西太后は70代でも40代にしか見えなかった
アンチエイジング先駆けとも言える女性ですが、
やはり、かっさを取り入れていました。

健美ケア

かっさとは
ヘラで擦って、体内に滞った気血水のバランスを
整え「瘀血」と呼ばれる毒素を含んだ汚れた血を排出する療法です。

かっさ(刮痧)は、中国読みでグアシャと読みます。
「刮」グアは擦る動作、
「痧」シャは皮膚表面に現れる赤点のことを指します。

「瘀血」が出されると気血循環が促進され、
人が本来持つ自然治癒力が高まります。

安心・安全かつ痛みに即効性があるとして頭痛、首肩こり、
腰痛などの緩和、病気の治療や予防、健康維持、美容などに
幅広く親しまれています。

かっさ

カッピングとは
カッピングは、お肌にカップをあて、真空にし「瘀血」を吸い上げます。
強力で頑固な痛みに最適です。
また「瘀血」だけでなく、体の中の余分な水分や冷えを取ることもできる
優れものです。

カッピング

痧とは
人体は生命活動のエネルギーである気血水が絶え間なく体内を流れ、
栄養の供給や新陳代謝を行って内蔵の働きを支えていると考えられて
います。

不調が発生すると体内毒素が蓄積されていき、気血水の流れを
阻害してしまいます。

そうなると頭痛や肩こり、便秘、不眠、イライラする、冷えなどの症状を
引き起こし、免疫機能の異常を招きます。
血液循環にも障害が起き、血栓のような毒素を含む汚れた血が滞る場所・
状態を指す「瘀血」ができます。

ヘラで擦る事によって瘀血が体表に紅点として現れたものを
「痧」と言います。

痧の場所も範囲も色も個人差があります。
瘀血が無い部位には痧は現れません。

痧は軽度であれば鮮やかな紅色、ピンク色、範囲も少ないですが、
症状が重くなるにつれ、色も紫色の濃い色になって範囲も大きくなって
いきます。

擦って滞った箇所を流す時は、鈍い痛みを感じることがありますが、
流れ始めると痛みは緩和されます。

瘀血を放置すると、腫瘍やガンのもとになると言われていますので、
Bodyリセットコースで今までの溜まってしまった瘀血を排出することを
おススメします

現れた痧は、免疫機能をつかさどるリンパ球、白血球により分解され
最終的に尿として体外に排出されます。
賢いリンパ球、白血球は痧の分解作業を記憶するので、回を重ねると
分解能力もさらにすばやくなります。
その為、一般的には一週間前後で痧はきれいに消えますが、早くて
二、三日の方もいらっしゃいます。

痧は傷ではないので後に残ることは一切ありませんので
ご安心くださいませ。
(お顔は痧を出さない施術です。)

痧

ページのトップへ